2001/10/16
シンガポール政府系ベンチャキャピタルのテマセック・キャピタルが、
ベンチャ企業コンサルティング会社に投資
日本におけるベンチャ投資に進出

シガポール政府系のベンチャキャピタルであるテマセック・キャピタル(Temasek Capital、代表:タン・スー・ナン)が、ベンチャ企業コンサルティング会社である株式会社フレッジテクノロジー(FTI)(本社:千代田区有楽町)に投資する。

FTIは、大和證券系のベンチャキャピタルであるエヌ・アイ・エフベンチャーズ株式会社(NIF)、株式会社東芝、米国シリコンバレーのベンチャキャピタルであるウォルデン・インターナショナル(WIIG)、および、グロ−バル・カタリスト・パートナーズ(GCP)等からの出資を得て、技術・商品開発、市場開拓、新事業開発のベテランが、昨年10月に設立した技術評価、ベンチャ・コンサルティング会社である。

テマセック・キャピタルは、シガポール政府(財務省)が所有するテマセック・ホールディングズのベンチャ投資会社である。テマセック・ホールディングズは、シンガポール開発銀行、シンガポール航空、シンガポール・テレコム、シンガポール電力など多くの企業を傘下にもつ。テマセックは、米国、英国、アジアなどグローバルに投資活動を行っている。今回のFTIへの投資は、テマセックが、日本のベンチャ企業への投資活動を拡大するために、および、シンガポールのベンチャ企業との連携のために、FTIのリソースを活用することを目的とし、FTIの10%の株式を取得する。技術と新事業開発、ベンチャ育成に深い知識と経験をもつFTIを高く評価したもので、テマセックの日本企業へ投資は、最初のケースである。

Home